栗久・曲げわっぱの小判型お弁当箱(キッズ)|天然秋田杉使用 - kawashima the japanstore

栗久・曲げわっぱの小判型お弁当箱(キッズ)|天然秋田杉使用

¥8,100 

天然の秋田杉で作られた、曲げわっぱのお弁当箱 秋田県大館市にある、明治7年創業の「栗久(くりきゅう)」による 上質な伝統工芸品。 人気の、曲げわっぱのお弁当箱です。 こちらはキッズサイズ。(W166×D97×H50mm) おかずと別にして、ご飯だけを入れるのにも最適なサイズです。 曲げわっぱは、古くから作られている秋田の伝統工芸品です。 触れてみてすぐに、その質の良さがわかります。 素材は天然の秋田杉を使用しており、驚くほど軽いです。 表面はウレタン塗装がされており、丈夫でつるりとすべすべした触りごこち。 秋田杉の、自然が作り出した木目も美しく、ほのかに杉の香りも楽しめます。 毎日のお弁当作りも、お弁当の時間も、気分が上がりそうですね。 日々使うものに、上質な伝統工芸品をさり気なく取り入れてみてはいかがでしょうか。 もちろんギフトにも喜ばれる逸品です。 サイズバリエーション サイズ展開 サイズは、大・小・スリム・キッズの4種類をそろえております。 ■大サイズ:W200×D130×H42mm ■小サイズ:W180×D113×H50mm ■スリム :W200×D110×H57mm ■キッズ :W166×D97×H50mm 曲げわっぱ小判型お弁当箱「大」 曲げわっぱ小判型お弁当箱「小」 曲げわっぱ小判型お弁当箱「スリム」 曲げわっぱ小判型お弁当箱「キッズ」 使い、育てていく道具 秋田杉曲げわっぱのお弁当箱は、 ・通気性がありご飯が蒸れにくく、  美味しさを保ちやすい ・杉の殺菌効果で中身が傷みにくい...

天然の秋田杉で作られた、曲げわっぱのお弁当箱

秋田県大館市にある、明治7年創業の「栗久(くりきゅう)」による 上質な伝統工芸品。 人気の、曲げわっぱのお弁当箱です。 こちらはキッズサイズ。(W166×D97×H50mm) おかずと別にして、ご飯だけを入れるのにも最適なサイズです。 曲げわっぱは、古くから作られている秋田の伝統工芸品です。 触れてみてすぐに、その質の良さがわかります。 素材は天然の秋田杉を使用しており、驚くほど軽いです。 表面はウレタン塗装がされており、丈夫でつるりとすべすべした触りごこち。 秋田杉の、自然が作り出した木目も美しく、ほのかに杉の香りも楽しめます。 毎日のお弁当作りも、お弁当の時間も、気分が上がりそうですね。 日々使うものに、上質な伝統工芸品をさり気なく取り入れてみてはいかがでしょうか。 もちろんギフトにも喜ばれる逸品です。

サイズバリエーション

サイズ展開

サイズは、大・小・スリム・キッズの4種類をそろえております。 ■大サイズ:W200×D130×H42mm ■小サイズ:W180×D113×H50mm ■スリム :W200×D110×H57mm ■キッズ :W166×D97×H50mm


使い、育てていく道具

秋田杉曲げわっぱのお弁当箱は、 ・通気性がありご飯が蒸れにくく、  美味しさを保ちやすい ・杉の殺菌効果で中身が傷みにくい ・丈夫で非常に軽く使いやすい ・使っていくうちに味が出て愛着がわく ・杉のいい香りがする などのメリットがあります。
栗久さんのこちらの小判型曲げわっぱは、外側はウレタン塗装がされて手触りが良く、 内側は無塗装のままなので、秋田杉の効果をしっかり発揮してくれます。 すべて塗装をしてしまうと汚れやカビには強くなりますが、 通気性がなくなり、曲げわっぱ本来の効果が半減してしまいます。 保管や洗い方に多少気を使いますが、しっかり管理すれば何年も使い続けられ、 使うほどに味がでてくるお弁当箱です。 中の仕切りは取り外しができますので、様々な使い方が出来ます。

栗久の曲げわっぱ 注意点

・天然素材を使って職人が手づくりした商品ですので、 一点一点の色味・模様・大きさなどが若干異なります。 ご了承の上、手づくりの味をお楽しみいただければ幸いです。 ・使い始めは杉の木の香りが気になる方もいらっしゃいますが、 使用して水で洗っていくうちに徐々にほのかになっていきます。 ・電子レンジは使用しないでください。

栗久の曲げわっぱの使い方、保管方法のポイント

●ご使用前に 初めてご使用のときは木が乾いているため、内側にご飯が付きやすくなっています。 使い始めは、内側を水でぬらして拭いてからご飯を入れるようにすると付きにくくなります。 使っていくうちに馴染み、次第に付かなくなってきます。 ●油もの 内側は無塗装なので油染みが付きやすくなっています。 油の多いものを入れる場合は、シートやラップ等で包んで入れると汚れが少なく済みます。 多少染みが出来ても、徐々に馴染んで味になっていきます。 ●上手な洗い方 1.熱めのお湯を入れて少しふやかします。 2.やわらかめのスポンジでこすります。 ※洗剤は使わず、たわし等も傷がつきますので使わないでください。 3.ヌメリが取れたらすすぎます。 4.熱々のお湯を淹れ、2~3分置いて木をあたためます。 5.すぐに布巾で拭き、上向きにして水蒸気を飛ばします。(湯切り) ※やけどにご注意ください。 乾かす際は、下向きに伏せると通気が悪いので上向きや斜めに立てかけてください。 ぶら下げるのも良いでしょう。 濡れた状態が曲げわっぱにとって一番良くないので、洗ったらすぐに乾かし、 完全に乾燥してからしまうようにしてください。

武士も作っていた、曲げわっぱ

美しい自然杉で作られている曲げわっぱは、昔木こりが杉の生木を曲げ桜皮で縫い止めて 工夫した手製の弁当箱が始まりとされています。 大館の曲げわっぱは、今から400年前の慶長年間に、秋田藩主・佐竹義宜候が、 領内が冷水害により窮乏を極めた際に武士の手内職として奨励させたものが発達して 現在に受け継がれる、という古い歴史を持った伝統工芸品です。

「栗久」六代目 栗盛俊二さん

明治7年創業の秋田県大館市にある「栗久(くりきゅう)」。 栗久さんは、先代から受け継いできた、 使う人のことを考えたものづくりへのこだわりを大切にされています。
「栗久」六代目 栗盛俊二さん 昭和23年生まれ ・経済産業大臣指定伝統工芸士 ・現代の名工 ・大館曲げわっぱ伝統工芸士 ・秋田県クラフト協会会員

商品詳細

サイズ W166×D97×H50(mm)
素材 天然秋田杉(ウレタン手塗)、桜皮
容量 350(ml)
生産地 日本(秋田県大館市)